AGAに関する情報

AGAとは

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症です。
AGAの原因は男性ホルモンの影響、また遺伝、食事、生活習慣、老化やストレスなどです。
AGAの特徴としては、抜け毛が多くなって薄毛が目立つようになり、てっぺんやM字部分の生え際が薄くなってしまいます。

 

AGAは早い人で思春期を過ぎると現れる、髪が薄くなる症状です。中には10代で症状が現れたという人もいます。
このようなAGAの症状に悩む人は日本全国で1.000万人以上いると言われています。

 

毛が抜けた部分には男性ホルモンのジヒドロテストステロンという髪の毛の毛乳頭細胞にある受容体にくっついて、髪の毛の成長期を短くしてしまう物質が多くみられます。

 

毛サイクルの成長期が短くなれば髪の毛が充分に育たず太く長くなる前に抜け落ちてしまいます。細く短い髪の毛が増えることによって薄毛に見えるのです。
ただし薄毛の状態でも産毛は残っています。その毛包があれば髪の毛がまた太く長く育つ可能性があります。

 

AGA対策で効果が高いものとしては、専門医師によるAGA治療を受けに医療機関などへ行くことです。
医療機関ではその人の頭皮や頭髪の状態に合わせてケアを行います。
また、生活環境なども考慮されます。カウンセリングや検査の後、プロペシアやミノキシジルと言った外用薬や内服薬が処方されます。
生活習慣に関するアドバイスなども受けられるでしょう。
AGA対策として、ドラッグストアなどで市販されている育毛剤や育毛シャンプーなどを使うのも良いでしょう。
サプリメントやマッサージなども頭皮の血流を良くするので良いでしょう。ただし、頭皮マッサージは強くやりすぎると逆に抜け毛を多くすることもあるので注意が必要です。

 

プロペシアに関しては個人的に海外などから薬を輸入することも可能ですが、粗悪品が混入しているケースや薬の副作用が出る事もあるので、おすすめは出来ません。
AGAかもしれないと感じたら、AGA治療専門の医療機関で診察を受ける事が何よりも大切になってきます。

AGAに関する情報記事一覧

プロペシアの効果

成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことをAGAと言います。男性型脱毛症という意味で、思春期以降に発症して額の生え際や頭頂部、あるいは両方から薄くなっていくのが特徴です。そんな薄毛を改善するのに効果的なのが、プロペシアという薬です。プロペシアは医療用医薬品として効果と安全性が認められている「飲む...

≫続きを読む

 

プロペシアの副作用

プロペシアの重大な副作用には、肝機能障害があります。薬剤を使用する事で肝臓に負担を掛けてしまうので、肝臓に持病がある場合は、使用すべきではありません。不安な時は、血液検査を定期的に受けて、異常がないか確認してみましょう。その他の副作用には、抑うつの症状があります。男性ホルモンの一つ、テストステロンに...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの効果

現在日本では、発毛効果があると公式に認められている成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」という2つのみです。それ以外の成分は医薬品としての発毛効果があるという根拠がありません。この2つの成分に関して、ミノキシジルは元々血管拡張薬として医薬品で利用される成分で、血管を拡張することで血の巡りをよくし...

≫続きを読む

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、脱毛に悩む人に効果のある薬として知られています。しかし、効果のある薬だからこそ、副作用が起きる可能性も頭に入れておかなければなりません。ミノキシジルの副作用の中には、動悸や胸の痛みがあります。これは、ミノキシジルに血管を拡張させる効果があるためです。ミノキシジルは元々、高血圧や心臓に...

≫続きを読む

 

AGAとは

AGAとは男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす病気のことです。そもそも薄毛の原因には様々な可能性が想定されますが、このAGAを発病すると額の両サイドが剃り込みを入れたように薄くなってMの字を描くような状態となったり、あるいは頭頂部から徐々に薄くなってOの時を描くようになるなど、男性ホルモンの影響が出や...

≫続きを読む

 

AGAの原因

AGAは男性によくある薄毛の症状で男性型脱毛症と呼ばれており、頭頂部が円形に髪の毛が薄くなってきたり、前髪の生え際が後退してくるように髪の毛が薄くなってくるのです。これは年齢が若くても症状が現れるという特徴があります。AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンの分泌量なのです。男性ホルモンには...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ