ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

現在日本では、発毛効果があると公式に認められている成分は「ミノキシジル」と「フィナステリド」という2つのみです。それ以外の成分は医薬品としての発毛効果があるという根拠がありません。

 

この2つの成分に関して、ミノキシジルは元々血管拡張薬として医薬品で利用される成分で、血管を拡張することで血の巡りをよくし、髪の毛の細胞分裂を促進することから髪の成長を早める効果があります。それに対してフィナステリドは髪の毛が抜けてしまう原因になる男性ホルモンの分泌を抑える効果があります。

 

この2つの成分は1つは生やす効果、もう1つは脱毛防止となるのです。発毛のための成分というわけではなく、医薬品として利用している中で「発毛にもよいのでは」という風になったというほうが正しいのです。

 

ミノキシジルにおいては配合薬が市販で買えるのですが、フィナステリドは病院から処方してもらうほかありません。そのため一般的に手軽に利用できるのはミノキシジルの方になります。しかしもとは医薬品として利用されている成分なので、的確な効果が期待できる反面副作用も存在します。

 

ミノキシジルの場合はかゆみや発疹という症状がほとんどです。中にはその他のマイナートラブルも存在します。頭皮には多くの毛細血管が集まっている関係でこの血管拡張薬の効果が絶大です。そのため発毛効果が期待できる反面、炎症などの副作用が起こりやすいのも頭皮なのです。

 

実際副作用の程度は個人差があるのですが、かゆみやべたつきを感じたら使用をやめた方がよいでしょう。無理に使用し続けると炎症がひどくなり、病院での治療を必要とする場合もあります。

 

髪の毛が増えたと実感する人もいますが、抜け毛の数は減ったものの髪の毛が増えた実感はないなど効果の感じ方は人それぞれです。
ミノキシジルの怖さは副作用です。事前に調べて理解をした上で利用し、また何か違和感を感じたらすぐに使用をやめるようにしましょう。

関連ページ

プロペシアの効果
プロペシアは医療用医薬品として効果と安全性が認められている「飲む育毛剤」になります。プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。プロペシアは5α還元酵素の働きを抑制することでジヒドロテストロンの生成を抑制することにもつながり、これによって成長期が長くなて細くなった髪にコシが出てくるなどの効果を期待することができます。
プロペシアの副作用
プロペシアの重大な副作用には、肝機能障害があります。薬剤を使用する事で肝臓に負担を掛けてしまうので、肝臓に持病がある場合は、使用すべきではありません。不安な時は、血液検査を定期的に受けて、異常がないか確認してみましょう。
ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用の中には、動悸や胸の痛みがあります。これは、ミノキシジルに血管を拡張させる効果があるためです。ミノキシジルは元々、高血圧や心臓に持病がある人のために使用されていた、という経緯があります。髪の毛だけでなく、全身の体毛が濃くなる事もミノキシジルの副作用の症状にあります。
AGAとは
AGAとは男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす病気のことです。そもそも薄毛の原因には様々な可能性が想定されますが、このAGAを発病すると額の両サイドが剃り込みを入れたように薄くなってMの字を描くような状態となったり、あるいは頭頂部から徐々に薄くなってOの時を描くようになるなど、男性ホルモンの影響が出やすい部位に症状が現れがちです。
AGAの原因
AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンの分泌量なのです。男性ホルモンには髪の毛の成長を阻害するものが含まれていて、男性ホルモンの分泌量が増えると髪の毛の成長に影響が出るということになります。
ホーム RSS購読 サイトマップ