プロペシアの効果

プロペシアの効果

成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことをAGAと言います。男性型脱毛症という意味で、思春期以降に発症して額の生え際や頭頂部、あるいは両方から薄くなっていくのが特徴です。

 

そんな薄毛を改善するのに効果的なのが、プロペシアという薬です。
プロペシアは医療用医薬品として効果と安全性が認められている「飲む育毛剤」になります。
プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。
AGAの主な原因物質はジヒドロテストロンという男性ホルモンです。これは5α還元酵素によってテストステロンが変換させれ生成されることで、毛髪に対して退行期及び休止期に移行するように信号が出ます。その結果退行期の細い毛髪が増えたり長く太く育つ前に抜けていってしまいます。

 

プロペシアはそんな5α還元酵素を阻害する効果のある薬になります。5α還元酵素の働きを抑制することでジヒドロテストロンの生成を抑制することにもつながり、これによって成長期が長くなて細くなった髪にコシが出てくるなどの効果を期待することができます。
ただし、プロペシアを飲み始めたからといってすぐに薄毛が治るわけではないことを理解する必要があります。
服用した場合、体質に合えば数ヶ月で目覚ましい改善が現れる人もいますが、大部分の人は緩やかに薄毛が改善されていくことが一般的です。

 

半年程度では薄毛の改善を感じることはできますが、十分なレベルとは言えないため継続して服用する必要があります。そんな場合には1年近く服用することで改善します。
また、プロペシアは効果的な薬ではありますが副作用もあります。様々な副作用が報告されており、頭痛や腹痛、下痢、眠気などの医薬品によく見られる副作用の他に、胃部不快感や頻尿などの消化器系の副作用もあることがわかっています。

 

中でも注意したいのが性機能障害です。男性機能の低下もあるためその場合には、医師に相談することが必要となります。
効果だけではなく、しっかり副作用も理解してから服用することが大切です。

関連ページ

プロペシアの副作用
プロペシアの重大な副作用には、肝機能障害があります。薬剤を使用する事で肝臓に負担を掛けてしまうので、肝臓に持病がある場合は、使用すべきではありません。不安な時は、血液検査を定期的に受けて、異常がないか確認してみましょう。
ミノキシジルの効果
ミノキシジルは元々血管拡張薬として医薬品で利用される成分で、血管を拡張することで血の巡りをよくし、髪の毛の細胞分裂を促進することから髪の成長を早める効果があります。
ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用の中には、動悸や胸の痛みがあります。これは、ミノキシジルに血管を拡張させる効果があるためです。ミノキシジルは元々、高血圧や心臓に持病がある人のために使用されていた、という経緯があります。髪の毛だけでなく、全身の体毛が濃くなる事もミノキシジルの副作用の症状にあります。
AGAとは
AGAとは男性の頭髪に抜け毛や薄毛をもたらす病気のことです。そもそも薄毛の原因には様々な可能性が想定されますが、このAGAを発病すると額の両サイドが剃り込みを入れたように薄くなってMの字を描くような状態となったり、あるいは頭頂部から徐々に薄くなってOの時を描くようになるなど、男性ホルモンの影響が出やすい部位に症状が現れがちです。
AGAの原因
AGAの原因として考えられているのは男性ホルモンの分泌量なのです。男性ホルモンには髪の毛の成長を阻害するものが含まれていて、男性ホルモンの分泌量が増えると髪の毛の成長に影響が出るということになります。
ホーム RSS購読 サイトマップ