M字はげでも似合う髪型

M字はげでも似合う髪型

M字はげで似合う髪型にするには、前髪をどれだけ残すかです。
ただ長く残すのではなく、どこの毛を残してどこをスッキリさせるかで変わります。
男性の一般的な髪型はだいたい短い髪型が多いので、極端に前髪だけ長いとやはり変です。
なので鼻からまっすぐ上にある生え際の長さは自由に決めて、そこから左右にある生え際の長さ、正確にはここに落ちてくる毛の長さを残すので毛が生えていない額の部分よりもだいぶ上の部分の髪を残します。

 

しかし、M字の角度にもよりますが、この部分を長く残すと全体の長さとは繋がりません。なのでこういうスタイルで全部の髪をただ上に立ち上げると長さを残した部分の髪の毛だけが不自然に長く残り、しかもM字が丸見えになり、まったく長さを残した意味がなくなります。

 

長さを残した部分は下に下ろし、鼻からまっすぐ上にある生え際の前髪だけを立ち上げたり横に流したりすると、全体と馴染みます。スタイリング剤はムースやジェル等だと毛束が固まり隙間が空くのでM字が隠れませんので、ワックスで柔らかく仕上げるのがコツです。

 

イメージはあまり短すぎないソフトモヒカンのようなスタイルで、抑えるところは抑えて立ち上げるところを立ち上げるとうまくいくと思います。
全体の髪の長さにもよりますが、中途半端に短いスタイルだとM字が隠れませんので、ワックスを使うのが苦手だったり、職場などの規定で使えなかったりする場合はこれはもう坊主のように短くして頭皮の色と髪の色をあまり目立たないようにするのが一番ですが、大人になっての坊主はなにか悪いことした時みたいな印象なので、オススメはしません。

 

どんなスタイルにも言えることですが、やはりスタイリングは必要です。
ちなみにこのようなスタイルを美容室や床屋さんでオーダーするときは、少し恥ずかしさもあるかも知れませんが自分から先に「前がM字なので隠せるようにしてください」と言っておくといいと思います。
ある程度技術や経験がある美容師ならいいですが、切った後には戻せませんので恥ずかしがらずに伝えてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ